サウンドバー

デノンDHT-S216サウンドバー自腹購入レビュー!コスパが高いサウンドバーだ!

デノンのサウンドバー「DHT-S216」を購入したのでレビュー紹介します。DHT-S216は、2万円クラスの低価格サウンドバーの中では満足度が高くオススメの商品でした!デノンというオーディオブランド感、前評判の高さもあり安心して買える商品です。ただ「少し注意もあるかな」と感じました。詳しくは本文にて紹介しています。

デノンのロゴバッジ

デノンのサウンドバー「DHT-S216」の特徴は以下の通り。高機能で価格が抑えられた魅力ある商品です!

ポイント

  • サブウーハーを内蔵した一体型の2.1chサウンドバー
  • バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」をサポート
  • Hi-FiコンポーネントやAVアンプと同様の厳格な音質評価とサウンドチューニング
  • HDMIに対応(1 入力/ 1 出力)
  • 原音をストレートに再生するPureモード
  • Bluetooth対応
  • デノンブランド!
  • 手ごろな価格!

▼ 今回紹介する商品はこちら!

デノン Denon DHT-S216 サウンドバー DTS Virtual X/Bluetooth対応 ブラック DHT-S216K

デノンのサウンドバー「DHT-S216」の基本仕様について

デノンのサウンドバー「DHT-S216」の基本仕様については以下の通りです。

デノンサウンドバー「DHT-S216」基本仕様
ドライバーユニット25mm ツイーター ×2、45mm×90mm 楕円形ミッドレンジ ×2、75mm サブウーハー ×2
バーチャルサラウンド機能〇(DTS Virtual:X)
サウンドモードMovie、Music、Night、Pure
ダイアログエンハンサー〇(3 モード)
対応音声フォーマットDolby Digital、DTS、AAC、リニア PCM
対応 Bluetooth コーデックSBC
HDMI(入力/出力)1 / 1(ARC、CEC 対応)
光デジタル入力1
アナログ AUX 入力1(3.5mm ステレオミニジャック)
サブウーハープリアウト1
外形寸法(W×H×D)890 x 66 x 120 mm
質量3.5 kg
付属品かんたんスタートガイド、リモコン、単 4 形乾電池、HDMI ケーブル、光デジタルケーブル、電源コード、壁掛け用スペーサー ×2、壁掛け用テンプレート

デノンのサウンドマネージャー山内慎一氏が、最終的な音質調整を担当しているということで、期待高まる製品です!

デノンのサウンドバー「DHT-S216」実機を紹介!

それでは、デノン DHT-S216 サウンドバーの実機をチェックしていきましょう。通して感じたのは、デノンのユーザーに対する優しさでした。

DHT-S216の外箱

DHT-S216はアマゾンで購入しました。外箱のまま届きました。

DHT-S216の外箱の張り紙

箱を取っておく主義の僕にとってはこのように外箱にべったりと紙が貼られていたのは残念ポイントでした。

DHT-S216の外箱に印刷された商品の特徴

DTS Virtual:X 対応、幅広い接続形態、Bluetooth対応について訴求されていました。

DHT-S216の外箱の長さ

パッケージの長さは約102.5cmでした。結構大きいです。

DHT-S216の外箱のキャッチフレーズ

商品を取り出す上面には"Amplify your entertainment"の文字があり、カッコイイです!(Google直訳「あなたの娯楽を増幅する」)

DHT-S216の外箱

開封して気づいたのが、このカッター開封による説明書へのダメージを防止するためにボール紙で裏張りされていた点。過去クレームがあり対策したのかもしれませんが、優しい対応だと思いました。

DHT-S216の内容物

パッケージ内容としてはこちらの写真の通りです。

本体の他、同梱品としては、リモコン、単 4 形乾電池、壁掛け用スペーサー、HDMI ケーブル、光デジタルケーブル、電源コード、かんたんスタートガイドなどのドキュメント類です。

DHT-S216の付属品

こちらが同梱される付属品。

何が嬉しいって、HDMIケーブルが付属する点です。

DHT-S216 に付属のHDMIケーブル

イーサネット対応のHigh Speed HDMI ケーブルが付属します!

HDMIケーブルだけでも1,000円程度の価値があります!(HDMIケーブルを付属しないメーカーがほとんどです)

さらにHDMIが使えなかった場合も考慮し、光デジタルのケーブルも付属しているので安心です。

DHT-S216 の壁掛け用テンプレート

壁掛け用の金具位置確認の為のテンプレート、スペーサーも用意されています。

DHT-S216 の付属リモコン

こちらが付属のリモコン RC-1236 です。

このリモコンはボタンの配置がわかりやすいです。

中央には音量と低音量の調整が配置。(低音の調整用ボタンが割り当てられているのは非常にうれしい!)

一列目+2列目の一部は入力切替。

その後はサウンドモード。

最下段は3段階のダイアログエンハンサー。

なかなか直観的にわかりやすいラリモコンに仕上げられています。

TVとHDMI接続すれば、電源の連動や基本的な音量調整はテレビのリモコンで操作可能です。これが便利!

DHT-S216 上面

DHT-S216 本体の上面中央には物理的なボタンが配置されています。

DHT-S216のボタン

電源、入力切替、Bluetooth、音量マイナス、音量プラスのボタンが並んでいます。リモコンが見当たらなくなっても基本操作が本体で可能です。

DHT-S216 正面

正面から見ると、DENONのロゴバッジのみのシンプルなデザイン。

DHT-S216のLED表示

使用時にはロゴ上のLEDでステータス表示されます。

個人的にグッと来たのは底面のサブウーハーデザイン。

DHT-S216 底面

エンクロージャーの底面に2基の75mmサブウーハーを内蔵。ここまではよくあるデザイン。

DHT-S216 底面に配置のウーハー

サブウーハーの音が裏側にも抜けるようにスリットが入っているのがユニークなポイント!カッコイイ!(ここに萌えました)

DHT-S216の銘版

モデルNo.DHT-S216。100Vのみ対応のようなので海外での利用などには注意が要りそうです。1月末に購入したこともあり、昨年2020年製です。MADE IN CHINAです。

DHT-S216 側面のパスポート

側面にはバスレフポートのような穴が開いています。

DHT-S216 側面のパスポート

この通り指がずっぼり入ります。

DHT-S216 裏側

背面には壁掛け用の穴と各種接続端子が配置されています。

DHT-S216の背面端子並び

ズラリと並ぶ端子群。低価格帯なのに豊富なインターフェースがDHT-S216 の魅力。

背面の端子は左から、

  • ACインレット
  • USB端子(サービス用)
  • AUX音声入力端子(AUX IN)
  • 光デジタル入力端子(OPTICAL IN)
  • HDMI入力端子(HDMI IN)
  • HDMI出力端子(HDMI OUT(ARC)TO TV)
  • サブウーハー出力端子(SUBWOOFER OUT)

TVに HDMI ARC端子がありTV番組等の音をDHT-S216 で出力したい場合には「HDMI OUT(ARC)TO TV」にHDMIケーブルを接続します。

DHT-S216のケーブル接続例

基本的な接続例。ACアイレットに電源コードを接続し、「HDMI OUT(ARC)TO TV」にHDMIケーブルを接続しTVのARC対応と書かれた端子に接続します。

プレステなどのゲーム機をDHT-S216 の HDMI IN に接続する事もできます。TVのHDMI端子が足りない!という場合にも助かりますね。

ここでもデノンスゴイな!と思ったのは、サービス用のUSB端子の処理。他の製品ではむき出しの状態が多いのですが、DHT-S216 ではゴムキャップがはめられていました。なかなかの心遣いだなぁ、と思いました。

DHT-S216の背面USBには端子カバー

なんと丁寧にキャップがされています!

HDMI以外にもアナログ接続、光デジタル接続も可能で、必ず何らかの形でTVと接続できる配慮がなされています。

さらにアンプ内蔵の外付けサブウーハーも接続可能!

もっと本気を出して低音を・・という時には増設すればOKです!

デノンのサウンドバー「DHT-S216」の実力をチェック!

早速、デノン DHT-S216  サウンドバー の音をチェックしていきましょう。

TVと接続しDHT-S216 から音がでた瞬間、「コレはスゴイ!」と思いました。

バーチャル3Dが入った状態で起動する事もあるのですが、音の明瞭さに加え、広がりある音がテレビ番組でも感じられました。

DHT-S216の訴求ポップ

広がりのあるサウンドを楽しめます!

「2万円台でこれかぁぁぁ」と感動しました。

大好きな映画「ラ・ラ・ランド」をNetflix経由で試してみました。

普段と比べて音楽が前面に出てくる印象です。

楽曲部分ではベースもよく聞こえ、ドラムのキックも明確で歯切れが良い。

ただし、周辺の音(環境音)が一部小さくなりあまり聞こえなくなるシーンもあります。

この他には継続的に使う中で感じたのは、小さい音が小さくなり過ぎ、声が聞こえなくなったり、その音量に合わせると普通の音に戻ると音が大きくなるようなケースもありました。ここが DHT-S216 の注意点です。

低音については、節度ある低音です。
(ボーズなどと比較すると)低音をマックスにしてもそれほどではない、という印象でした。

住宅事情を考えると十分すぎるのですが、より低音を、という方は外付けのバスウーハーを購入しても良いでしょう。

総じて価格に対して好印象のサウンドです。

デノンのサウンドバー「DHT-S216」まとめ

DHT-S216 の発売日は「2019年12月上旬」。既に1年と数カ月が経過したモデルです。価格もこなれてきており購入しやすいのが魅力。

サウンドは明瞭で広がりを感じることができます。TVのスピーカーに対して不満がある方にとって、価格に対する得るものは大きいと考えます。

DHT-S216 は「VGP 2021 サウンドバータイプTV用オーディオ(2万円以上3万円未満) 金賞」も受賞しており、評価の高いサウンドバーです。

DHT-S216 は最近流行りの Dolby ATMOS などには対応していません。しかし、バーチャル3Dや豊富な入力端子など機能的にも充実しており、価格に対する満足度は高いはず!オススメです!

▼ 今回紹介した商品はこちら!

デノン Denon DHT-S216 サウンドバー DTS Virtual X/Bluetooth対応 ブラック DHT-S216K



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社員モノ系ブロガー。モノが大好きで、2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しレビュー記事などを投稿しています。 今、Netflixでの韓国ドラマに「どハマり」中。 でも、やっぱり猫が好き。

-サウンドバー
-,

© 2021 モノ好き。ブログ