キーボード

FIlCO馬毛キーボードブラシFUB30(Cleaning Brush for Keyboard)レビュー。あると便利なブラシです!

ダイヤテックのメカニカルキーボードブランドの FILCO から発売された「キーボードブラシ Cleaning Brush for Keyboard FUB30」 を購入しました。お菓子を食べたりする機会も多いのですが、日常使いでホコリがたまりがちなキーボードのクリーニング用としてFUB30を購入しました。FILCOさんのツイッターで紹介されていて、かわいかったので半分以上ネタとしての購入です。キーボードがこれ一つでキレイになるかと言えばならないのですが、コンパクトでかわいいデザインなので手に届くところにおいておけるので、こまめに気になったところを「シュッシュ」と馬毛ブラシで払えるようになったのがよかったですね。パッケージもカワイイため、ちょっとしたギフトとして贈っても喜ばれると思います!

FILCO FUB30 キーボードブラシの外観

このサイズで 1280円(税込)という気持ちもあるのですが、ジャパンメイド、こだわりの馬毛100%&天然木を使用。販売数量も考えると仕方がないところ。

少なくともFILCOキーボードファンの方はゲットすべきアイテムです!

▼ 今回紹介する商品はこちら!(アマゾンでも購入できるようになりましたね!)

ダイヤテック FILCOキーボードブラシ Cleaning Brush for Keyboard 馬毛100%使用 FUB30

FILCO「キーボードブラシ Cleaning Brush for Keyboard FUB30」について

それでは 「キーボードブラシ Cleaning Brush for Keyboard FUB30」について紹介していきます!
簡単な構造のブラシですのでサクサクっと紹介します!

商品の概要仕様としては以下の通りです。

型番:FUB30
商品名:キーボードブラシ Cleaning Brush for Keyboard
JANコード:4515213032725
毛材:馬毛100%
毛足:30mm
柄:天然木
Made in Japan

価格は 1280円(税込)。

↓ 以下商品説明については FILCOの商品ページより引用。

キーボードのメンテナンスに最適!馬毛100%のおそうじ用ブラシ
馬毛は静電気が起こりにくいという特長があり、毛先が細くあたりがソフトなのでキーボードのメンテナンスに最適です。毛丈は馬毛の柔軟性と弾力性を活かすのにベストな30mmとし、キーの隙間をスムーズに掃除できるよう横長でコンパクトなデザインにしました。
持ち手にも天然木を採用した使い勝手の良いブラシです。(Made in Japan)

FILCO「キーボードブラシ Cleaning Brush for Keyboard FUB30」の実物をチェック

それではFILCO「キーボードブラシ Cleaning Brush for Keyboard FUB30」の実物をチェックしていきましょう!

↓こちらがパッケージです!右側の"Umage"とお馬さんのイラストがナイスです!

FILCO FUB30 キーボードブラシのパッケージ(表)

馬毛だけに西部っぽいUmageのフォントがかわいい。Made in Japan です。

↓こちらがパッケージの裏面です。馬の好物、人参のイラストが入っています。葉の表現にグリーンを使い二色刷りにするこだわり・・。(パッケージ側面もグリーンです)

FILCO FUB30 キーボードブラシのパッケージ(裏)内容物はシンプルにブラシのみでした。

FILCO FUB30 キーボードブラシの外観

このサイズ感、伝わるでしょうか。

左上にストラップホールがあり、紐などを通して引っ掛けたりすることもできるように配慮された仕様です。

FILCO FUB30 キーボードブラシの外観

裏面はシンプルです。

FILCO FUB30 キーボードブラシの毛先

馬毛の毛先。

確かに適度な柔らかさと弾力を併せ持つブラシです。

FILCO FUB30 キーボードブラシ

つまみ持ちにちょうど良いサイズ。

FILCO FUB30 キーボードブラシ

Majestouch Stingray 低背赤軸をシュッシュッ。

このFILCO「キーボードブラシ Cleaning Brush for Keyboard FUB30」をどこで使うか?というと、キーボード表面のホコリ、奥にあるちょっとしたホコリなどをサッサと掃くようなケースで使います。

FILCO「キーボードブラシ Cleaning Brush for Keyboard FUB30」は、箒に近い使い方なのだろうなと思います。

やはりキーボードの奥底にたまったほこりには、やはりエアダスターも使ってぶしゅーと飛ばしたいですし・・

キーキャップ側面のホコリには静電気で吸着するタイプのブラシも使いたい。

イロイロなクリーニングツールの仲間にこの馬毛ブラシをまぜてあげる、というイメージが正解かと思います。

FILCO FUB30 キーボードブラシ

コンパクトサイズでデザインもカワイイのでデスク付近に置いておけるので、

TVリモコンの表面にホコリがたまっていたらサッサと掃く。
PCのファン付近にホコリがあればサッサと掃く。
もちろんキーボードに気になるホコリがあればサッサと掃く。

そんなこまめな清掃習慣に役立つブラシです!

▼ 今回紹介した商品はこちら!

ダイヤテック FILCOキーボードブラシ Cleaning Brush for Keyboard 馬毛100%使用 FUB30



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社員モノ系ブロガー。モノが大好きで、2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しレビュー記事などを投稿しています。 今、Netflixでの韓国ドラマに「どハマり」中。 でも、やっぱり猫が好き。

-キーボード
-, , ,

© 2021 モノ好き。ブログ