モノ好き。ブログ

「モノ好き。ブログ」は、The そうじろう がモノを中心に紹介するブログです。Anker、Bose、iPhone、Mystery Ranch、ロフト が今は好き。イベント、株主優待、ふるさと納税も紹介します。

デアゴスティーニ

デアゴスティーニ「週刊 ゴジラをつくる」のポイントを紹介!8月27日から全国発売だ!

2019年6月7日

デアゴスティーニの「週刊 ゴジラをつくる」がかなりやばい!(いい意味で)「週刊 ゴジラをつくる」は2019年1月29日に 岡山・香川・福岡限定で地域限定販売が開始されていました。ゴジラファンの間では、かなり買いにくい状況が続いていました!(twitterやブログなどから推察)この「週刊 ゴジラをつくる」がいよいよ全国創刊!発売は2019年8月27日(火)です!!1945年の初代ゴジラ、全高約60cm。ラジコンで動き、自らの力で歩き、吠え、背ビレが発光するそうです!!お金はかかりますが、なにより初代ゴジラのリモコンモデルをパーツの状態から自身の手で期間をかけて作り上げるのがポイントです。

原型制作、造形監修にはゴジラ造形の第一人者である酒井ゆうじ氏。ゴジラの内部構造は、RC模型のトップメーカー・京商とのコラボレーション。上掲のスペシャルムービーではまだ動きが完成されていないようにも思えますがどうなのでしょう・・?

公式ページでは、組み立て方の解説動画が見られるのですが、作る事自体がかなり楽しそう!これはかなり楽しめるハズ!!

週刊『ゴジラをつくる』(デアゴスティーニ公式サイト)

デアゴスティーニ「週刊ゴジラをつくる」

週刊『ゴジラをつくる』商品概要

商品概要
タイトル:週刊『ゴジラをつくる』
価格  :創刊号特別価格:490円(8%税込)
第2号以降通常価格:1,843円+税
創刊日 :2019年8月27日(火) ※一部地域により異なります
刊行周期:週刊
刊行号数:全80号(予定)

*以下引用部分はプレスリリースより引用

初代ゴジラのビッグスケールリモコンモデル!

全高60cm・全長90cmのビッグスケール!稼働する初代ゴジラのリモコンモデル決定版!

1/87(全高約60cm、 全長約90cm)のビッグスケール。 全号集め付属のパーツを組み立てると、 リモコン操作で歩き、 吠え、 背ビレが発光する多彩なギミックを搭載した、 これまでにないハイクオリティなゴジラが完成します。

「ゴジラをつくる」ゴジラのサイズ

原型の制作、 造形の監修は日本を代表する怪獣造形作家にしてゴジラ造形の第一人者である酒井ゆうじ氏。 内部構造はRC模型のトップメーカー・京商とのコラボレーション。 初代ゴジラにふさわしい重厚な動きとギミックを実現しました。

ゴジラならではの吠えるサウンドは、 映画からのサンプリングにより忠実に複製。 腕・首を動かし、 尻尾を振りながら旋回することも可能で歩行時に映画中の足音を鳴らすこともできます。 背びれは発光し、 口を開けて放射熱線音を発します。 映画さながら、 臨場感のある場面を再現できるリモートモデルです。

「ゴジラをつくる」頭部

毎号楽しみなマガジン!

マガジンでは7つの章でゴジラの世界を徹底解説!創刊号では特別対談も掲載!

毎号付いてくるマガジンは、「ゴジラ映画クロニクル」「ゴジラ大研究」「西川伸司のゴジラ大解剖」「ゴジラとその時代」「ゴジラ・トリビア」「ゴジラ・ギャラリー」「組み立てガイド」の7つのテーマから構成。数多くあるゴジラ作品の紹介、 製作舞台裏など「ゴジラ」をとことん深堀し、 紹介しています。

数々のゴジラ作品の怪獣デザインを手掛けた西川伸司氏がイラストとコメントとともにユニークな視点でゴジラや怪獣を解説する「西川伸司のゴジラ大解剖」や「ゴジラの鳴き声はどうやって作ったの?」「ゴジラは飛べる?」といった、「ゴジラトリビア」など、 ゴジラを徹底分析します。

「ゴジラをつくる」紙面

 

「ゴジラをつくる」紙面

「ゴジラ映画クロニクル」

「ゴジラをつくる」紙面

組み立てガイド

「ゴジラをつくる」紙面

ゴジラ誕生!

「ゴジラをつくる」紙面

ゴジラ大解剖

創刊号はDVD付きで490円!お買い得です!!

2019年8月27日(火)に発売される「週刊 ゴジラをつくる」の創刊号は490円です。

「ゴジラをつくる」表紙

この創刊号には、頭部パーツの他に、なんとDVDまで付属しています。

創刊号には初代ゴジラのスーツ制作に携わった開米栄三(かいまい えいぞう)氏と酒井ゆうじ氏の特別対談が収録されたスペシャルDVD付き。
ゴジラの動きやギミックの紹介映像も収録しています。

「ゴジラをつくる」特別DVD

創刊記念スペシャルDVD

創刊号では特別対談も掲載されています!

「ゴジラをつくる」紙面

「週刊 ゴジラをつくる」の創刊号、バカ売れするのでしょうね!!(品切れのお店が続出しそうです!!)

これは是非創刊号だけでもゲットしたい!

「週刊 ゴジラをつくる」の総額は?

「週刊 ゴジラをつくる」は全80号。創刊号は特別価格490円(8%消費税込)、2号以降通常価格は1,990円(8%消費税込)です。消費税が8%のままだとすると、以下の総額になる計算です。

490 + 1990 x 79 = 157,289円

16万円かぁ・・・とも思いますが、作る楽しみが二年間持続する事を考えたらまぁいいかぁ!とも思えてきます!

「ゴジラをつくる」頭部

すでに腹をくくっている方も多い模様のではないかと推測します。

大人の遊びであることに間違いないです。

組み立てサービスもあります!

「週刊 ゴジラをつくる」の組み立てビデオを確認すると、結構難易度が高そうに感じました。(そこも楽しみの1つなわけですが)
「組み立てる時間がない」「完成品が欲しい」という方の為に、「組み立てサービス(有料)」が用意されています!

"専任スタッフがあなたのゴジラを大切に組み立ててお届けします。" との事で、自分で作るよりも大丈夫そうです!

「組み立てサービス(有料)」の申込期限は 2019年11月11日(月) までなのでご注意を!

料金など詳しくはこちら→ 「週刊 ゴジラをつくる」@デアゴスティーニ公式

「週刊 ゴジラをつくる」の組み立て進行イメージ

「週刊 ゴジラをつくる」のQ&Aを確認していたら号数での組み立て部位のイメージが紹介されていました。

Q『週刊 ゴジラをつくる』は、何号でどの部位を作成しますか。
[1~19号]・・・・メインフレーム/腕部ギヤBOXの組み立て
[20~34号]・・・・尻尾部品 / 尾部ギヤBOX/外皮部分(尾部)の組み立て
[35~59号]・・・・・・頭部/脚部のギヤBOX/ スピーカーなどの組み立て
[60~73号]・・・・・・リモコン装置/LED基板/背びれなどの組み立て
[74~80号]・・・・・・外皮の組み立て・目玉の提供
※赤外線コントローラーは60号前後で組み立ての予定です。
※上記は大まかな予定です。変更となる場合がございますので、ご了承ください。

組み立てのクライマックスに向かって盛り上がってきますね!

「週刊 ゴジラをつくる」内部構造

内部構造

「週刊 ゴジラをつくる」購読時の注意事項

デアゴスティーニのムックはデアゴスティーニの公式ページで定期購読した方が良いです。定期購読は途中でもやめられます。リスクなしで書店に買いに行く手間が省けます。

その他にも利点や注目点がありますので紹介します!(定期購読に限らず紹介していきます)

創刊号~第15号の購読で全員プレゼント!の応募が楽!

「週刊 ゴジラをつくる」を創刊号~第15号まで購読すると、" 映画撮影が再現できる「銀座の街並みホリゾント(背景幕)」をプレゼント"。 完成したゴジラとセットで撮影すれば思い出のワンシーンが再現できます。

「ゴジラをつくる」購読者プレゼント

「銀座の街並みホリゾント(背景幕)」

この全員プレゼントは本屋さんでの購入だと応募券を切り取り、ハガキに貼り付ける必要があります。(のハズ)

デアゴスティーニ週刊YZR-M1

↑こちらは同じデアゴスティー二のYAMAHA YZR-M1の全員プレゼント応募券。箱から切り取り、ハガキに貼る必要があり面倒。

これが少し面倒なのですが、デアゴスティーニ公式サイトで購読していると、その貼り付け作業が不要です!(←ここポイントです)

公式サイト限定で「ゴジラの背びれミニLEDライト」プレゼント!!

2019年10月7日(月)まで Web限定プレゼント!「ゴジラの背びれミニLEDライト」がもらえます!

「週刊 ゴジラをつくる」のモデルと同素材を使った、ここでしか手に入らないレアアイテムです!

モデルの背びれと同サイズです!

サイズ:約W63xH85xD16mm
素材:樹脂、金属
生産国:中国
電池付き
※電池交換は出来ない仕様です!

デアゴスティーニの公式サイトでの定期購読でプレゼントされます!

「ゴジラの背びれミニLEDライト」については画像が提供されていないため、写真で紹介ができません。

こちらの公式サイトにて確認願います!→ 週刊『ゴジラをつくる』@デアゴスティーニ公式

このLEDライトはちょっとネタとして欲しい!

オリジナルジオラマコレクションも購入できる!(注文はお早めに!)

デアゴスティーニは創刊時に公式サイトでしか手に入らない限定商品を販売します。今回の「週刊 ゴジラをつくる」ではジオラマコレクションです。

初代ゴジラ、象徴のスチール写真。
あのシーンを再現できる!
ここでしか手に入らない、迫力のオリジナルスケールジオラマを全8回でお届けします。

戦車x3、野砲x3、戦闘機(手に握る用)、そして銘板&ジオラママット。

こちらも画像が提供されていないため、写真で紹介ができません。

公式サイトにて確認願います!→ 週刊『ゴジラをつくる』@デアゴスティーニ公式

せっかくなので揃えておきたいコレクションですね。完成させるなら、カバーにもなり白黒で街並みが再現されたジオラママットが欲しいところ!

何気に楽しみなバインダー

デアゴスティーニのパートワークでいつもカッコいいのがバインダー。今回も良デザインです!カッコいい!

「ゴジラをつくる」バインダー

このバインダー、2020年2月までは 一冊640円 +税で販売されます。

一冊に20号分のマガジンを収納できるます。「週刊 ゴジラをつくる」は80号までなので4冊あれば足りる計算です。

発売前に実物をチェックできるチャンスも!(終了しました)

発売開始前に、完成版を以下のイベントにてお披露目するそうです!

7月28日開催 「ワンダーフェスティバル 2019」@幕張メッセ

8月24日(土)・25日(日)開催 「C3AFA TOKYO 2019」@幕張メッセ

 完成版の初代ゴジラ・リモートコントロールモデルを初お披露目いたします。 ゴジラと一緒に写真が撮れるブースや、 オリジナルグッズがもらえるキャンペーンも実施予定です。

これはちょっと楽しみです!!

「ゴジラをつくる」紙面

完成版を見に行けなかった!という方の為に、デアゴスティーニさんに突撃(!?)して実機の写真を撮影させていただきました!

↓↓↓↓

週刊「ゴジラをつくる」実機ロビとともに
【写真で紹介】デアゴスティーニの週刊『ゴジラをつくる』のリモートコントロール初代ゴジラ完成版プロトタイプを一足先にチェック!コレは欲しいぞ!!

2019年8月27日に発売となるデアゴスティーニの週刊『ゴジラをつくる』。この初代ゴジラの実機をデアゴスティーニさんにお邪魔して見せていただきましたので紹介します!全高60cm、全長90cmの巨大スケ ...

続きを見る

「ゴジラをつくる」を途中まで書店で購入した場合、直送定期購読できるのか?

「ゴジラをつくる」を購読するなら特典の多い直送定期購読がオススメです。しかし「創刊号は書店で購入してしまった!」という方も多いはず。

直送定期購読は途中からでも申し込み可能か?というと「可能」です。詳しくは公式ページの申し込み画面を確認していただきたいのですが・・・。

↓定期購読を申し込む画面のスクリーンショットです。

定期購読申し込み画面

定期購読申し込み画面

↓定期購読を申し込む際のオプションで、何号から定期購読するのかを指定可能です!

定期購読開始号数の指定が可能

どの号から購読するかの指定が可能です!

上記画面では、創刊号と2号からしか選択できませんが、号が進むにつれ選択肢が変わってきますのでご安心を。

↓23号まで発売済みの商品の例です。この場合 23号、24号からの定期購読が選択可能です。また、定期購読にプラスしてすでに発売済みの「発売済みの第1号~第22号をまとめて購入する」というオプションも用意されています。

ぜひご自身でゴジラを組み立てる体験を!!

↓週刊ゴジラをつくる の公式情報・定期購読についてはこちらからどうぞ!

週刊『ゴジラをつくる』(デアゴスティーニ公式サイト)

デアゴスティーニ「週刊ゴジラをつくる」

 



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社員ブロガーです。 2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しています。 モノやコトの紹介をしています!

-デアゴスティーニ
-, ,

Copyright© モノ好き。ブログ , 2019 All Rights Reserved.