鉄オタさん歓喜?ヴィンテージ機関車設計図等をインテリアアートとして発売!

気に入っていただけたら、SNSで紹介していただけると嬉しいです!

機関車のパーツ設計図、ワシントン駅、消防車の設計図をインテリアアートとしてお部屋に飾りませんか?これはかなり面白いインテリアです。

設計図でも100年経過すれば、アートですよね!

1924年のLNER機関車ボイラー設計図原画

注目は機関車の「ボイラーポンピングエンジン図面原画icon」!

iconicon
”1924年製作ロンドン・アンド・ノース・イースタン鉄道の機関車ボイラーポンピングエンジンの図面原画”です!木枠にはめられているので、そのまま飾る事ができます。

サイズは、 496×770×35㎜ です。
商品ページでボイラーポンピングエンジン図面原画iconの素材・原材料を見ると、”(枠)木製(設計図)” という記載になっています。写真を見る限り”紙”ではないかと・・思ったのですが、商品説明にも

100年以上前に作成されたビンテージの設計図シルクに1点1点手書きで書かれていて世界のコレクターからも人気の高いドローイング。
それぞれの大きさに合わせて枠を組みインテリアとして取り入れやすくしました。

との記載が!シルクなのですね!確かに ”設計図 絹 ”で検索すると、戦艦大和の設計図が絹に描かれているなどと出てきます。スゲェ!
iconicon
設計図をインテリアとして飾るのは面白いアイディアです。

価格はちょっと高いのですが、1点モノでしょうから気に入ったら即買い!です。
↓↓
【秘密の屋根裏】ヴィンテージドローイング ボイラーポンピングエンジン図面原画@ロフトネットストアicon

ワシントン駅建築設計図!?

続いては、「ワシントン駅建築設計図icon 」として販売されている設計図です。
iconicon
このような設計図を見せられると、現存するのかどうか?などを調査するのが面白いです。

1891年製作ロンドン・アンド・ノース・イースタン鉄道のワシントン駅建築設計図の図面

(枠)木製(設計図)絹 で、サイズは、526×332×35㎜ です。

最近はネット検索でいろいろとヒントを得られるので、素性の調査についてはヴィンテージ設計図アートを購入する際のプラスアルファの楽しみとしたいところです!

僕はかなり時間をかけて調べたのですが、↓ これ”ワシンバラ”ではないのかな?
iconiconPart Plan of Washingboro Station と書かれているように見えます。Washington ではなくて・・。
川沿いのようだ、という点、ロンドン・アンド・ノース・イースタン鉄道などの条件から検索を進めて行くと・・やっぱりワシンバラ(Washingborough)の可能性が高いです!(このサイト参照)

ただし、屋根の形状から推察できる駅舎は見られず、プランだけで終わったのかも知れません。

などなど・・いろいろと考えるのも楽しみの一つです!
【秘密の屋根裏】ヴィンテージドローイング ワシントン駅建築設計図@ロフトネットストアicon

ほぼ正方形がいい! カンサス計画マップ

続いては ”1911年製作イーストマンチェスター鉄道のカンサス計画MAP図面原画icon”です!

素材は サイズは、511×536×35㎜ です。ほぼ正方形なので、実にカワイイ
icon
これも実際の場所がどこなのかを調べるのが楽しい。(皆さんの楽しみを奪ってゴメンなさい)

ヒントは、Blue river。独特の河の曲がり具合が大きなヒントになりますね。
iconicon
そして鉄道の情報、ストリート、ドライブといった道路の情報があります。
iconicon
これらの情報から、どの場所かな・・?と調べると・・。↓ここ!

住宅の為の区画分けなのかと思っていましたが、実際はどうなのでしょう?

アメリカ人がこんな細長い土地に分けられて住むわけないじゃん!と思っていましたが、左側の住宅地を見ると、結構細長なのですね。

現在の状況からすると、当時の計画は実施されなかったのか、そもそもこの設計図自体が住宅等の区画分けではなく、貨物コンテナの置き場等の区画分けなのかも知れません。

などと、妄想するところが楽しいのです!

この計画マップは、正方形に近いところ、「EAST MANCHESTER」の文字がカッコイイところ、独特の河の形状など The そうじろう 的には超おすすめです。
【秘密の屋根裏】ヴィンテージドローイング カンサス企画マップ図面@ロフトネットストアicon

低価格なヴィンテージ設計図シリーズもあります

他にもかなり購入しやすい価格の設計図が揃っています。米国の消防車のパーツだそうです。

1938年に創業し、活躍したアメリカンラフランス社の消防車の設計図

1938年創業なので、100年は経っていません。

こちらの消防車のパーツシリーズは、(フレーム)木製、ガラス(設計図)紙 です。

本当にパーツばかりで、消防車らしさが感じられないのですが、かなり年季の入った青焼き(?)の紙に修正、訂正などがされており、結構カッコイイです。価格は破格の 6,800円(税抜)です。ガラス付きのフレームも付いていてこの価格。ちょっと部屋に飾ってみるとカッコイイですね!
ヴィンテージ設計図 フォームトレーラーバッテリー@ロフトネットストアicon

ヴィンテージ設計図 ラダーブラッケット@ロフトネットストアicon

ヴィンテージ設計図 クランクシャフトプーリ@ロフトネットストアicon

ヴィンテージ設計図 フロントエンジンサポートアセンブリ@ロフトネットストアicon

上記の他に・・・

ダクトアセンブリエアークリーナー
クリッププレートリアースプリング
スティフナキャブドア
クランクシャフトプーリフルサイズ
ハンドブレーキケーブルアンドコンディションアセンブリ
ロックアウトプレート

などがあります。

The そうじろう のオススメは、フォームトレーラーバッテリーiconです!

BATTERY の文字。U.S.A NEW YORK の文字がいい!QTY REQD(多分 Quantity Required:必要数) 2個って・・二つ搭載するのでしょうか!?

この形状、そして中央のUS 6TN の文字もいいですね。US6TNはバッテリーの種別のようです。

バッテリーが一番モノとして解りやすいですし、消防車用ということでどっしりした作りなので、我々が見かけるようなバッテリーとの差異も見出しやすいですね!おすすめです。
【秘密の屋根裏】ヴィンテージ設計図 フォームトレーラーバッテリーicon

まとめ:100年前の設計図にはロマンが詰まっていた

いいな!と思ったら買いです。特に気に入ったモチーフ(?)があれば、買わないと二度と買えません。

個人的なおすすめは、上で紹介しましたが、個人の趣味の世界ですので、自分が「これがイイ!」と思うかどうかで決めましょう!

最もロマンがあると感じたのは、機関車のボイラーです。まさにヴィンテージ!これはイバリ度が高いと思います!
【秘密の屋根裏】ヴィンテージドローイング ボイラーポンピングエンジン図面原画@ロフトネットストアicon

みなさまがお気に入りの一枚を見つけられますように!
ヴィンテージ設計図、ドローイング一覧 @ロフトネットストアicon

スポンサーリンク
ad1(336px)