オーディオ

「EarFun Free Pro」レビュー!コスパ最強のノイキャン対応完全ワイヤレスイヤホンだ!

EarFunから発売されているノイズキャンセリング対応完全ワイヤレスイヤホンである「EarFun Free Pro」をレビュー紹介します!「EarFun Free Pro」は 超軽量のワイヤレスイヤホン。5,999円という価格でありながらアクティブノイズキャンセリング機能、ワイヤレス充電機能、音声アシスト(ボイスプロンプト)に対応した意欲作。これはコスパ最強です!!

EarFun Free Pro

先に「EarFun Free Pro」のポイントを紹介してしまいます!

EarFun Free Pro のポイント

  • 超軽量(4.1g)
  • ANC(ノイズキャンセリング)機能対応
  • ワイヤレス充電対応
  • USB-C端子
  • AAC対応
  • 音声ガイダンス
  • 耳へのフィット感良好

そして低価格! 5,999円です!!

2021/1/23 22:40 現在 Amazonではさらに10%オフのクーポンが表示されています。

【超軽量 】EarFun Free Pro Bluetooth 5.2 ワイヤレスイヤホン タッチ式 アクティブノイズキャンセリング 外音取り込みモード 音量調節可能 32時間再生 ワイヤレス充電対応 4マイク通話テクノロジー IPX5防水 自動ペアリング 【複合振動板/AAC対応/技適&PSE認証済み】 ハンズフリー通話 音声アシスト機能 (ブラック)

今回、メーカーさんよりサンプルをご提供いただいていてレビュー紹介しています。特に内容についての確認無しなので自由に書かせていただきます!

協力: EarFun

EarFun ? 何それ?

"EarFun"というブランドを「初めて聞いた」という方も多いと思います。

僕は今回の「EarFun Free Pro」が五つ目の EarFun製品 です。毎度「うぉ、コレ、コスパ最強やん!!」というプロダクトを出してくるのが EarFun です。

2018年に設立された会社なのですね。以下は過去の ニュースリリース から引用。

<EarFunについて>
EarFunテクノロジー株式会社は、2018年に、経験豊富な工業デザイナー・音響エンジニア・音楽愛好者で構成されったチームで設立されました。
そして、次世代のワイヤレスオーディオ機器を製造することを目標にしています。
EarFunテクノロジーはデザインから製造まで、あらゆる方面から製品開発に専念して、お客様により一層ご満足いただけるショッピング体験と製品をご提供できるよう、精一杯努力いたします!

EarFunは中国の企業のようです。

何がすごいって、EarFunのイヤホンが "CES 2020 INNOVATION AWARD PRODUCT" に選ばれているという事実。

実力のほどがうかがわれます。

「EarFun Free Pro」の製品仕様について

「EarFun Free Pro」の製品仕様について紹介します!

EarFun Free には非Proの「EarFun Free」が存在します。(価格は4,580円。現在第3世代まで進化)
無印の「EarFun Free」も無茶苦茶コスパの良い完全ワイヤレスイヤホンでした。

【レビュー】 EarFun Free(2020最新進化版) 完全ワイヤレスイヤホンを試す!

EarFunの完全ワイヤレスイヤホンの最新モデル「【2020最新進化版】 EarFun Free」を紹介します!完全ワイヤレスイヤホンの進化はスゴイ。ここ数年でアンダー5,000円の価格レンジでここま ...

続きを見る

今回のProはデザインも一新されかなり小型なモデル。そしてノイズキャンセリング機能に対応し、Pro となったわけです。

EarFun には別のプロも存在します。僕も最近試したばかりの EarFun Air Pro です。こちらもノイズキャンセリング機能対応です。

ノイズキャンセリング対応で、かなりリーズナブルな価格を打ち出したのが、今回紹介する「EarFun Free Pro」です。

EarFun Free Pro 主な仕様

「EarFun Free Pro」の 主な仕様は以下の通り。

ドライバーユニット : 6.1mm径ダイナミックドライバー(複合振動板を採用)
イヤホン重量 : 約 4.1g/一個 
防水規格:IPX5
電池持続時間:ノーマルモードでは約7時間(イヤホン)、約32時間(ケース充電込み)、ANCモードでは約6時間(イヤホン)、約27時間(ケース充電込み)
充電時間:約 1.5時間(イヤホン)、約2時間(充電ケース)
Bluetooth規格:5.2 
Bluetooth動作範囲:15m
対応コーデック:AAC、SBC 
周波数特性 : 20Hz~20kHz
Bluetoothプロファイル:A2DP、AVRCP、HFP、HSP

EarFun Free Pro 主な特徴

● 61mm径の低歪みドライバー

複合振動板を採用した6.1mm径のダイナミックドライバーにより、力強い低音と伸びやかな中高音を再現します。
遮音性が高く、耳にしっかりフィットする「カナル型」で、周囲の雑音に影響されず安心して使用可能です。

● ノイズキャンセリング機能

内蔵マイクで周囲の騒音を拾って、ドライバーユニットから逆位相の音を発して、最大28dBの騒音を低減できます。
3つのノイズコントロールモード:使用環境によって、アクティブノイズキャンセリング/外音取り込み/ノーマルモードを切り替えることができます。
※ご注意:ノイズキャンセリング機能は、乗り物や空調などの低周波数帯の騒⾳に対して最も有効です。すべての騒音が打ち消されるわけではありません

● 外音取り込みモード
周囲の音を取り込みながら音楽を楽しむことができる「外音取り込みモード」を搭載しております。
音楽を聴きながら、人の声や対向車、車内アナウンスなど、周囲の音に注意したいシーンで使えます。

● 専用設計のイヤーフック
耳に密着させることで、不意の落下を防ぐことができます。
柔らかいシリコン製のため、長時間の装着でも耳が痛くならない。優れた安定性と着け心地を実現しています。
2つのサイズ(M/L)から選べます。

● 最大32時間再生可能

ノーマルモード:最大7時間(イヤホン)、充電ケースを使用すれば最大32時間
ANCモード:最大6時間(イヤホン)、充電ケースを使用すれば最大27時間
急速充電:イヤホンを10分間だけ充電すれば、最大120分間再生できます。
便利なワイヤレス充電に対応します。

● 低遅延モード

遅延を100ms(0.1秒)以下に抑えることで、ゲームや動画視聴をする際に、通常再生よりも少ない遅延で音声を再生可能です。
低遅延モードのON/OFFを切り替えるたびに、音声ガイダンス「Low latency on」/「Low latency off」が流れます。
※ご注意:低遅延モード中は通信距離が短くなるので、音楽を聴く時、低遅延モードをオフにすることをおすすめします。

● 4マイク通話テクノロジー

片方のイヤホンに2つの通話ノイズキャンセル機能付きマイクを搭載しており、通話の際に、周囲の騒音をカットして、クリアな音声を届けます。

「EarFun Free Pro」の実機をチェック!

それでは早速「EarFun Free Pro」の実機をチェックしていきましょう!

↓ こちらが「EarFun Free Pro」の外箱。なかなかしっかりしています。

EarFun Free Pro

外箱のデザインも良い。

EarFun Free Pro

裏側には特徴などが記載されている。

EarFun Free Pro

開封して、フタをあけて、スリムなケースに「うぉっ!」と声がでました。

↓ もう、これはカッコいい!!

EarFun Free Pro

この充電ケースのスタイル。スリムさ、軽さ、シンプルなデザイン。最高!(開封時の保護シールがついた状態です)

パッケージ内容は↓こちらの通り。

EarFun Free Pro

EarFun Free Pro

付属品のパッケージングもよくできている。イヤーフック、イヤーチップともに複数のサイズが用意されています。

↓まぁ、とにかくケースデザインが良いのですよ。

EarFun Free Pro

スリム。そして軽量!

充電は背面にUSB-Cの端子。または底面にてワイヤレス充電です。

EarFun Free Pro

ワイヤレス充電もしっかり機能しました!

EarFun Free Pro

(この画像ではわかりにくいのですが)チャージ中は前面中央のLEDが赤く光ります。

カバーを開けると、「EarFun Free Pro」のイヤホン本体が見えます。

EarFun Free Pro

イヤホンはマグネットで充電ケースに固定され、ケースに収めるとチャージされる仕組みは他の完全ワイヤレスイヤホンと同じです。

EarFun Free Pro

イヤホン側のLEDは、やや斜め方向から確認することになります。

イヤホンのサイズもミニマル。このサイズ感、デザインならば就寝中の使用も可能だと思います。

EarFun Free Pro

EarFun Free Pro

「EarFun Free Pro」はスリム、軽量、コンパクトでナイスなデザインのノイキャン対応完全ワイヤレスイヤホンでした!

「EarFun Free Pro」の音やノイキャンの効き具合はどう?

「EarFun Free Pro」の音やノイズキャンセリング機能の効き具合についても確認しました。

「EarFun Air Pro」の音質はよく、多くの方が満足できると感じました。

低音にもパワーがあり、かなり満足できる出来です!

そして、ノイズキャンセリング機能により外出先の騒音やエアコンの送風音を低減してくれます。

僕のデスクトップPCはファンの音が目立つのですが、これがノイキャンの効果により気にならなくなる。

小型のイヤホンでかなり耳穴へのフィット感が良く、ノイズキャンセリングオフでも周囲の音が軽減されるのでずが、さらにノイキャンをオンにするとノイズがスッと消えます。

この価格で、この音、ノイキャン性能なのはかなり満足できるハズです!

アマゾンの商品ページにも記載がありますが、ノイズキャンセリングというと過度な期待(無音)をする方もおられます。以下の通りですのでご留意を。

※ご注意:ノイズキャンセリング機能は、乗り物や空調などの低周波数帯の騒⾳に対して最も有効です。すべての騒音が打ち消されるわけではありません

「EarFun Free Pro」ってオススメ?

「EarFun Free Pro」のアマゾンでのレビュー評価もかなり好評で、購入された方からは良い評価がついています。(まだ40件の評価なので母数が少ない状況ではあります)

僕としても価格と合わせて考えると、かなりコスパの高いノイキャン対応完全ワイヤレスイヤホンだと考えます。

以下、再掲になりますがポイントとしては以下の通りです。

EarFun Free Pro のポイント

  • 超軽量(4.1g)
  • ANC(ノイズキャンセリング)機能対応
  • ワイヤレス充電対応
  • USB-C端子
  • AAC対応
  • 音声ガイダンス
  • 耳へのフィット感良好

もちろんより価格の高いモデルでは音質もノイキャンの効果も良くなります。

しかし「EarFun Free Pro」は、5,000円台でここまで充実したモデル。コスパが良い完全ワイヤレスイヤホンなのは間違いあまりません!

比較的抑えた費用でノイキャンを試してみたい、という方にオススメです!

要望としては、コストに直結するところで難しいかもしれませんが、コンパニオンアプリ対応(アプリでノイキャンのコントロールやイコライザー調整したい)というところでしょうか。

「EarFun Free Pro」、かなりオススメですよ!

【超軽量 】EarFun Free Pro Bluetooth 5.2 ワイヤレスイヤホン タッチ式 アクティブノイズキャンセリング 外音取り込みモード 音量調節可能 32時間再生 ワイヤレス充電対応 4マイク通話テクノロジー IPX5防水 自動ペアリング 【複合振動板/AAC対応/技適&PSE認証済み】 ハンズフリー通話 音声アシスト機能 (ブラック)



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社員モノ系ブロガー。モノが大好きで、2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しレビュー記事などを投稿しています。 今、Netflixでの韓国ドラマに「どハマり」中。 でも、やっぱり猫が好き。

-オーディオ
-,

© 2021 モノ好き。ブログ