「I LIKE PAPER(アイライクペーパー)」の腕時計!ペラペラな紙でできたような時計はインパクト大!これは話題になる!

気に入っていただけたら、SNSで紹介していただけると嬉しいです!

ドイツ・ベルリン発のアートプロダクトブランドである「アイライクペーパー」のプロダクトのペーパーウォッチが販売されます!(この他にもいろいろな商品があるようですが、まずは時計から)まるで紙で出来たような腕時計で、デザインが面白く(アーテイストとのコラボが多いそうです)、キッチュなイメージの商品です!これは面白い!タイベックというデュポン社が開発した素材を使っていて、見た目以上に耐久性があるのが特徴です。

価格は 2,000円(税抜)です。電池交換は出来ないため、基本的には使い捨てになります。

マジックなどで好きなイラストを書いたり(実際に書けるかどうかは未確認です)、マスキングテープでデコったり(貼り付けができるかは未確認です)、という自分で改造する楽しみ方も出来そうですね!ここはアイディアの出しどころです。

「アイライクペーパー」はロフトネットストアのイベント、「秘密の屋根裏」で販売される予定です!(現時点で商品ページを確認出来ていません)
ロフトネットストア

アイライクペーパーのペーパーウォッチ

アイライクペーパー

パッケージの裏には、アイライクペーパーの説明が掲載されています。

正直なところ、この商品をアイライクペーパーというのか、この商品は、ペーパーウォッチというのかよくわからない状況ですが、販売元のマークスのサイトの説明を確認すると、いろいろなプロダクトを出している事がわかります。

推測ですが、パッケージ裏のスペースが足りず少し説明が抜けてしまったのだと思います。

「I LIKE PAPER(アイ・ライク・ペーパー)」はノートやペンケース、財布、ネックレス、壁掛け時計など、多くのアイテムをラインアップし、デザインの種類は250以上。その魅力的なデザインの多くが、画家やフォトグラファーをはじめ、世界中のアーティストとのコラボレーションによるものです。

本家のサイトを確認すると、タイベックを使用した数々のプロダクトを確認出来ます。(面白い!)

ですので、ブランド名「アイライクペーパー」で商品名は「ペーパーウォッチ」だと解釈したいと思います。

デザインが豊富!

ご覧の通り、デザインが豊富です。複数のアーティストさんがデザインしているそうです。お気に入りを見つけましょう!

(右側の3本はクリスチャン・ポールの腕時計です(別記事で紹介))

メイドインジャーマニー!

ドイツ製です。ドイツ製というだけで、ちょっといいな、思ってしまいます。

電池は交換不可!

残念ながら電池交換は出来ません。そのため、電池が切れると使えなくなります。(電池交換するくらいなら、新しいモノをまた買えばいいかな・・)

EDiTのMARK’Sが販売!

国内での代理店は、手帳のEDiTで有名な MARK’S です。おしゃれですな。

実はボタンが隠れている!

説明図のように、文字盤の下側に2つのボタンが隠れているようです。これを押す事で、左のボタンで日時設定が、右のボタンで表示の変更が可能です。

見ていると、だんだん忍者のように見えてくるのは僕だけでしょうか・・?

そうか・・ボタンがあったのか・・。

エクステリアを紹介!

素材のタイベック自体は、不織布です。紙というかは微妙です。

↓横から見た写真。時計モジュールを紙で包んだ作りになっています。

↓ ペーパーウォッチの裏側。とにかく軽いです。

尾錠部分はプラスティックです。いいですね。

↓ ベルトの穴裏側です。抜けていない穴は抜けていないのか、デザインなのか・・?(多分抜けていないだけですね)

このペランペランなモノが時計だというのが本当に面白いですね!

新たな時計ブームが来るかも!?

「スマホで時間がわかるから時計はしない。」という方が増えていると思います。(僕もそうです)

このアイライクペーパーのペーパウォッチのように気楽にデザインに優れた時計がおもちゃ感覚で買えるのであれば時代の流れが少し変わるかもしれません。

特に時計を持たないであろう(原宿にいるようなイメージの)若い世代の方達の間でこの時計が流行ると面白いなぁ、と思います。

日本のアーティストによる限定モデルなども十分に考えられますし、この先が楽しみです。

個人的には、Jennykaori さんや タムくんが描くマムアンちゃん あたりのモデルが欲しいです。

お求めは、18日からスタートするロフトネットストア 「秘密の屋根裏」会場で!
ロフトネットストア