雑貨

Panasonicエチケットカッター最上位機種ER-GN70-Kを購入!最安機種ER-GN11と比較してどうなのか?

長年、パナソニックのエチケットカッター(鼻毛カッター)を愛用しています。ずっと気になっていたパナソニックのエチケットカッター最上位モデルである「ER-GN70-K」を購入しました!

このエントリーでは、パナソニックエチケットカッター「ER-GN70-K」の紹介と使ってみた感想。同じパナソニックで安い「ER-GN11」との違いなども紹介していきます。

上 「ER-GN70-K」、下「ER-GN11」 大きさがかなり違う。

▼ 今回紹介する商品はこちら!

結論を先に紹介。一度落下させてしまったためか、作動音が大きくなったため使わなくなりました。

購入してから何が起きたかを最初に書いてしまいます。

「ER-GN70-K」購入して1ヶ月経過せず異常に作動音が大きくなり、使わなくなりました。音が大きくなった原因として考えられるのは、一度80cmの高さから落下したことによるものか、水洗いの影響による何かだと推測しています。

故障なのか?
元から音が大きかったのか?いや、多分そんなことは無いハズ。

保有していたER-GN11の替え刃と入れ替えても作動音は変わりませんでした。
また、刃を取り付けずに駆動させても音は大きくありません。

個人的には結構高価な買い物だったため、落としてすぐに使えなくなってしまったのは非常に残念です。

あらためてAmazonのレビューの低評価を確認してみると、すぐに壊れた、異音がするというコメントが目に付きます。傾向的に壊れやすいのかもしれません。

ちなみに「ER-GN11」は同じ高さから何度も落としていますが、このような異音や故障には至っていません。「ER-GN11」は内部構造がシンプルなため故障しにくいのかもしれません。(ただし「ER-GN11」でも、★1つのレビューを確認すると故障の報告はあります。)
▼ 何度も落下させてしまい、キャップもぼろぼろになっている「ER-GN11」。現役です。

「ER-GN11」

結果的に「ER-GN11」を継続して使用している状況です。

▼ ER-GN11

これまでの鼻毛カッター使用歴と購入の理由

これまでもパナソニックのエチケットカッターを愛用してきました。エチケットカッターは鼻毛、マユ、ヒゲ、耳に使えます。

▼ 初めて購入したのはこの毛くず吸引機能のついている「ER-GN50(現ER-GN51)」2度購入しました。

最近は、替え刃購入代わりに購入した最も安い機種である「ER-GN11」をメインに使っています。

エントリー機でも十分使えますが、ER-GN50と比較して、やはり鼻穴内にカットした毛が残る点が気になっていました。(肺に溜まりそうな気がして・・)

エチケットカッター愛好家であるため、当然「パナソニックエチケットカッターの最上位機種も試したい!」と思い、ついに「ER-GN70-K」の購入を決断したのです!

パナソニックのエチケットカッターは刃が共通であり、刃としてのキレ味は共通です。(ER-GN21は取り付け部の形状が異なります)
これが「ER-GN70-K」のモータートルク 1.2倍(ER-GN50比)によって、どの程度変化するのかを確認したかったのです!

Panasonicエチケットカッター「ER-GN70-K」について

Panasonicエチケットカッター「ER-GN70-K」について紹介していきます。

Panasonicエチケットカッター「ER-GN70-K」のパッケージ。トルクが約1.2倍モーター(パワフル)採用と毛くず吸引がポイント
刃については、シリーズ共通です。(ER-GN21を除く)
毛くずの吸引機能、水洗いも可能です。

▼ 「ER-GN70-K」のセット内容は以下の通り。

「ER-GN70-K」のセット内容

▼ 「ER-GN70-K」はサイズが大きいです。(高さ16.4×幅3.4×奥行4.5cm(キャップ取付時))

電源スイッチはスライド式です。
銀色のリングを回転させて、分解、またはスマート洗浄が可能。
このように刃の部分を中心に分解が可能です。本体、毛くずボックス、内刃、外刃です。
刃などを取り外した状態の本体上部。中央の軸が内刃を回転させる。
背面に排気口があります。
電池は単4電池2本。(パナソニック製でなくてスミマセン)

「ER-GN70-K」の注意点

サイズは大きいものの、質感もよく、モノとしては納得できる商品です。

ただし、キャップと内刃・外刃・毛くずボックスが一緒になって本体から外れることがありました。(キャップをねじって取り外そうとしてしまったのだと思います)
▼ このような状態になります。(再現イメージです)

再現イメージ

キャップと毛くずボックスがガッチリとハマってしまっていて、取り外しが困難でした。
最終的にはどうにかなるのですが、もう少し設計でどうにかならなかったのか?という思いはあります。

「ER-GN70-K」はおすすめできるか?

これまで 「ER-GN50(現ER-GN51)」(毛くず吸引機能あり)、「ER-GN11」(ベーシックモデル)を使ってきました。
発売以来、ずっと憧れていた「ER-GN70-K」ですが、使ってみると今一つでした。
これは、落下によるものと思われる異音、キャップと刃が一緒にとれる現象の発生、高トルクによるメリットが感じられなかったことによります。
また、サイズも大きく、ここまで大げさでなくても・・・と感じました。

上 「ER-GN70-K」、下「ER-GN11」 。ベーシックモデルでも十分使えます。

トルクについてはもっと毛が太い方などにとっては有効なのかもしれません。

「ER-GN11」は価格が安く、私の環境では80cmの高さから落としても今のところ故障していない点が気に入っています。(落下するとキャップ、電池カバーが外れますが)

上位モデルの毛くず吸引機能は魅力ですが、手入れ後にティッシュなどで取り除くことでなんとかカバーできると思います。

▼ 個人的にはベーシックモデルの「ER-GN11」で十分という印象です。

▼ 次購入するなら、よりスタイリッシュな「ER-GN21」を購入しようかと考えています。

▼ 今回紹介した「ER-GN70-K」はこちら!



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社員モノ系ブロガー。モノが大好きで、2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しレビュー記事などを投稿しています。 今、Netflixでの韓国ドラマに「どハマり」中。 でも、やっぱり猫が好き。

-雑貨
-