モノ好き。ブログ

「モノ好き。ブログ」は、The そうじろう がモノを中心に紹介するブログです。Anker、Bose、iPhone、Mystery Ranch、ロフト が今は好き。イベント、株主優待、ふるさと納税も紹介します。

Xperia イベント・展示会 スマホ

【SONY Xperia 1】21:9が持ちやすく使いやすい!今すぐ買い換えたいレベル! #ペリワン

投稿日:2019年5月17日 更新日:

21:9画面スマホ「SONY Xperia 1」(ペリワン) を『「Xperia 新製品タッチ&トライ」ブロガーミーティング』に参加して触ってきたので感想を伝えたーい!!

今回のイベントに参加し、着席し、テーブルの上の「Xperia 1」の実機を手に取った瞬間にムッチャ欲しくなりました!この感想は僕の基準が今使っているスマホが iPhone XR だから、というのも大きいです。21:9画面スマホである「Xperia 1」がムッチャ手にフィットし、重量バランスも良く、スタイルもキレイ。ハイエンドと普及タイプモデルとを比較してしまっているので、そりゃあねぇ・・ではあるのですが「オレが買うべきスマホはコレだ!」と運命の出会い的感想を心の中心で叫んでいました!

Sony Xperia 1

完全に惚れました、「Xperia 1」に!

「Xperia 1」のスタイルが良い!

背面の三連カメラはちょっと目立ち過ぎですが「Xperia 1」のスタイルは好き。なんとなくですが、INFOBAR を連想する縦長さです。考えてみると画面の面積は違えど、ケータイ(ガラケー)って縦長だったんですよね。そう考えると手に馴染むデザインなのは当然。

Sony Xperia 1

意外にもかなり手に馴染む。

↓ホント、今使っているiPhone XRのスタイルが悪く思えてくるから不思議です。

Sony Xperia 1

右は iPhone XR。

↓背面のカメラ部分は「うーん・・」と思ってしまうが、このトリプルレンズによる機能、性能アップはうれしい。

Sony Xperia 1

↓ 下側には USB-C。ヘッドホン端子はない。

Sony Xperia 1

↓SIM、メモリーカードは上部に。

Sony Xperia 1

↓SIMトレー。

Sony Xperia 1

↓ iPhone XR のホームバーが使いにくいと感じていたのですが、「Xperia 1」の(というかAndroidの)ホームボタンは好印象。これも買い換えたくなった理由の1つ。

Sony Xperia 1

いや、ホント 「Xperia 1」が欲しい!!

21:9マルチウィンドウが良い!

21:9マルチウィンドウで動画視聴とブラウジングが十分な画面面積で同時に楽しめるのも魅力的です。動画視聴中って結構調べ物したり、"ながら作業"をしたくなりますからね!

Sony Xperia 1

上側では動画を再生し、下で別の作業が可能。

画面分割の機能はよくあるのですが、今回の「Xperia 1」では分割の設定をしやすくした点、画面が21:9なので分割した時に使いやすい点がポイントです!

シネマ撮影専用機能「Cinema Pro」はどうだ!?

CineAltaカメラ「VENICE」のUIをベースに開発されたシネマ撮影専用機能「Cinema Pro」。

Sony Xperia 1

今回はムービークリエーター予備軍を育てるための種まきフェーズという印象を持ちました。Proという名前に反して、意外に設定が少ない印象でした。それでもかなり「やる気にさせる」アプリです。

Sony Xperia 1

特にタイムコードの表示が良いですね!!ただし、詳細なタイムコードの設定はなさそうです。(他のカメラとの同期、フリーラン、RECラン、ドロップフレームなどの設定)

Sony Xperia 1

タイムコードが回るだけでグッと来ます!

↓黄色文字の部分が現在設定変更可能なパラメーターです。

Sony Xperia 1

シャッタースピードは静止画カメラでの時間表示(1/60など)ではなく、回角度での表示を採用しているのもポイントです。(上の写真で 360.0 と表示されている部分)

撮影可能な画角は21:9のみですが、画面下の"Flame Lines"で16:9を選ぶと16:9の目安となる補助線が表示されます。

通常のカメラアプリとは異なり、プロジェクトを作ってから撮影というのも本物っぽくて良いです。(プロジェクト作成時だけ画像サイズ、フレームレート選択可能)

Sony Xperia 1

Projectの新規作成。

ガンマはHDR(HLG)固定。コーデックはH.265固定で変更不可。ルックを選択して記録。LUTをあてることはできません。HLG=インスタントHDRであり、どちらかというと"撮って出し"前提という印象です。

Sony Xperia 1

ルックの選択。

デフォルトは「VENICE CS」で、「Opaque/BU60YE60」、「Bright/BU20YE60」、「Warm/YE80」、「Strong/BU100」、「Cool/BU60」、「Soft/YE40」「Soft Monochrome」とオフ設定の「N/A」。

フォーカスはスルー画像外に表示されるスライダーでマニュアルフォーカス可能です。撮影に集中しながらフォーカスを変える事ができます。(ピーキング機能はなさそう)

Sony Xperia 1

しかし、「Xperia 1」を使えばスマホでシネマライクな映像が撮影できるというのはかなり楽しいかも!!

これは映像文化を変える新たなユーザー・ニーズを掘り起こす機能になるかもしれません!

瞳AF

会場では、カメラ機能として、瞳AFがアピールされていました。

上のモデルさんのように可愛く動く被写体が周りにいればいいのですが、僕の場合、残念ながらそのような機会もないのでそれほど必要な機能ではありません。

どちらかといえば飼っているネコちゃんがいるので、「動物瞳、早よ!」という気持ちです。

イベントとしての感想

今回参加した『「Xperia 新製品タッチ&トライ」ブロガーミーティング』は、50名限定のイベントでした。流石にハズレるかなぁ、と思っていたのでメールが届いた時は嬉しかったです。

参加者の雰囲気がよかったのが印象的でした。

着席位置は指定でした。(席が指定というより、テーブルの上の端末と参加者との紐付けが目的だったのかな、と思いました)

過去、Xperiaアンバサダーのイベントに数回参加させてもらったのですが、今回はアンバサダーではなく単発のブロガーミーティング。機材の貸し出しもありませんし、何よりも毎度趣向を凝らした内容でムッチャ楽しみだった、通称「ペリア飯」が無ーい!この辺り、今回のペリワンが売れることで再開して欲しい!!

↓過去のXperiaアンバサダーイベントレポート。

「Xperia Z5 タッチ&トライ」アンバサダーミーティングに参加しました! #Xperiaアンバサダー

Xperia のアンバサダーミーティングに参加しました。 Xperia アンバサダーミーティングへの参加は通算で、5回目です。毎度、楽しい会になっていますので参加するのが楽しみなイベントです。 今回の ...

続きを見る

今回面白かったのは、途中での"ケーキ入場"(笑)。

ケーキのエスコート役は霧島聖子さんと佐野真彩さん。

Sony Xperia 1

ケーキの入場です!

「なんでやねん!」とツッコミを入れたくもなりますが、さらに面白い事に、チョコレートカバーされたケーキがカットされて提供された時には白いケーキになっていたのにはびっくり。「別のケーキになったのか!?」と思いきや、チョコレート部分がうまくカットでず、チョコ部を取り除き、内部構造があらわになった状態だったのです!(ケーキ、美味しゅうございました)

Sony Xperia 1

別の姿になって戻ってきたケーキ。Xperia 1 に合わせた薄さになった(と思う)。

ホント、イロイロと面白い。

今回のイベントでは従来のアンバサダーミーティングとは異なり、各パートの開発担当者さんからのプレゼンはありませんでした。(各担当さんのこだわりトークが結構好きでした)

そのかわりに展示ブースでじっくりと話を聞ける時間が設けられていました。

Sony Xperia 1

開始前の展示ブース。スタートすると人が一杯。大盛況。

じっくり聞きたい事を聞ける時間がとれるのでよかったかな、と思います。

また参加したい!!

いや、それよりもまずは Xperia 1 をゲットする所からだな!!

追記 佐野真彩さん、以前からXperia関連で活躍されていたのですね。

↓ Xperia File (佐野真彩さんのインスタより)

https://www.instagram.com/stories/highlights/18046699225049998/?hl=ja



  • この記事を書いた人

The そうじろう

会社員ブロガーです。 2014年から「モノ好き。ブログ」を運営しています。 モノやコトの紹介をしています!

-Xperia, イベント・展示会, スマホ
-,

Copyright© モノ好き。ブログ , 2019 All Rights Reserved.