Spotify にエンタメフリーなんて必要ない!?格安SIMに移行してわかった事。

\ シェアしてください /

格安SIMを使っています。IIJ mio です。IIJ mio にはクーポンのオン・オフ機能があります。このクーポンの概念がわかりにくいのですが、クーポンをオフにすると200kbpsでの通信となり「ギガが減らない」(パケットを消費しない)のです。(ここが IIJ の素晴らしいところ)

クーポンのオン・オフは、専用のスマホアプリである「みおふぉん」で簡単にできます。

*iTunes アプリ紹介ページから引用

200kbpsの速度が出ていれば、ある程度、音楽のストリーミングに耐えられます。

僕は音楽ストリーミングサービス Spotify (スポティファイ)の無料会員です。(有料会員(Premium は 月980円。学生さんは約半額です)無料会員の場合、楽曲をダウンロードして聴く事ができず、常にストリーミングになります。そのため、パケット消費が怖かったので、今まではWi-Fiが接続できる家の中でしか使えませんでした。

しかし、格安SIMであるIIJ mio を使ってクーポンオフ状態で通信すれば、Spotifyのストリーミングを楽しめてしまうではないか!と考えたわけです。

実際に IIJ mio のクーポンオフで Spotify を試してみた結果と、わかった事をお伝えします。

スポンサーリンク
ad1(336px)

クーポンオフ(200kbps)で十分ストリーミング出来た!

Spotifyのビットレート

Spotify のビットレートについては、以下のFAQに記載されています。

https://support.spotify.com/jp/using_spotify/system_settings/what-bitrate-does-spotify-use-for-streaming/

Spotifyでは、ストリーミングに3つの品質レートを使用しています。すべてOgg Vorbis形式です。

~96 kbps
スマホでの標準品質。

~160 kbps
デスクトップおよびWebプレイヤーでの標準品質。
スマホでの高品質。

~320 kbps(Premiumユーザー限定)
デスクトップでの高品質。
スマホでの最高品質。

僕のSpotifyアプリの設定は、自動(おすすめ)になっていました。自動の場合は最低96kbps ですが、通信回線の状況により音質が変更されるそうです。

96kbpsとして、1分あたり 96kbps x 60 = 5760kbit です。バイトに変換するには、8で割ります。720kBです。さらにメガバイトに変換するには1026で割ります。0.70MB@分です。10分で7MByte、60分で48MByte です。

160kbpsの場合、1分あたり 160kbps x 60 = 9600kbit です。バイトに変換するには、8で割ります。1200kBです。さらにメガバイトに変換するには1026で割ります。1.17MB@分です。10分で11.7MB、60分で 70.2MBです。多いと言えば多いです。

クーポンオフで十分再生できる!しかし、不便である。

実際に通勤時にクーポンオフ(低速通信)で Spotify を楽しむ事ができました!

音楽が途切れる事もなく、音楽鑑賞については快適でした。

問題は、低速通信なので通常のブラウジングやメールチェック、twitterチェックなどが非常に遅い事!ちょっとこの不自由さは我慢できないなぁ。。。

パケットを使って再生してみたら驚くべき事実が!

僕の Spotify の使い方は、とにかく Tokyo Super Hits! という週次で更新されるプレイリストを再生するのです。それ以外は使わないです。

気に入ったアーティストの楽曲やアルバムを続けて聴きたいという欲はあるのですが、なんせ無料会員であるため連続して楽しめないのです。(常にシャッフルプレイ)

なので、そこそこカッコイイ曲が混じっていて、歌謡曲ヒッツでもない Tokyo Super Hits!を延々とリピートします。(日本人アーティストばかりです)

新しいアーティストさんにも出会えるのがとても楽しいですよ。(The Fin. いいですね)

全然パケットが消費されない!

月末でパケットが余り過ぎだったので、クーポンオフをやめて Spotify でどの程度パケットが消費されるのかを確認してみました。

確認してみると・・・、全くパケットが消費されていませんでした!

(日付 タイミング 再生時間 消費パケットの順です)

6/27(火) 朝通勤時 60分 1MB
6/27(火) お昼休み 20分 0MB
6/27(火) 夜帰宅時 60分 0MB

これじゃぁ月末までにパケットが消費できない!(←無理に使う必要はありません)

実は、キャッシュされていてそれほどパケットを消費しない!

なんと! Spotifyのストリーミングでは同じプレイリストを繰り返しての再生の場合、ギガが減らないようです!

結論を先に書いてしまうと、(仮説です→)Spotifyアプリはキャッシュ(同じ曲がまた使われるかもしれないため、再生した曲のデータをアプリ内のデータとして保存しておき、次回同じ曲を再生する場合には、サーバーからダウンロードせずに曲を再生するイメージ)をしてくれるようで、再生した事のあるプレイリストであれば、キャッシュから再生されるためパケットを消費しない!と推測されます。

先ほど紹介した消費パケット量の測定は火曜日です。

Tokyo Super Hits のプレイリスト更新は週一回、月曜日です。

つまり、月曜日にプレイリストの曲が一巡していれば全てがキャッシュされていてパケットを消費しないと推測されます!!

例えば、家のWi-Fi環境で月曜日にプレイリストを再生する、月曜日は低速通信(クーポンオフ)でプレイリストを再生する等をしておけば、キャッシュに蓄積され、以降、外でクーポンオンの状態で聴いても(ほとんど)パケットが消費されないのです!(同じプレイリストの再生の時に限ります)

ちなみに僕の端末(iPhone 7 128GB)でのキャッシュ量は、2.3GBです。これは音楽データとしてなかなか大きな数字ではないでしょうか?

追加で検証しました!

次は 7月3日が月曜日です。Tokyo Super Hits!のプレイリストは月曜日に更新されるので新しい曲が入った分、パケットが消費されるはずです!

↓その結果!

7/3(月) 朝通勤時 51分 36MB
7/3(月) お昼休み 21分 10MB
7/3(月) 夜帰宅時 53分 10MB

7/4(火) 朝通勤時 60分 0MB
7/4(火) お昼休み 24分 0MB
7/4(火) 夜帰宅時 57分 0MB

月曜日には、トータルで56MBのパケット消費がありましたが、火曜日にはパケットの消費が発生しませんでした。

さらに追加で検証した!

続いてその次の週は 7/10 が月曜日です。ここでプレイリストが更新されます。 7/10のプレイリストのトータルの演奏時間は 164分24秒です。7/3のプレイリストに対して新しい曲が15曲入り、そのトータル時間は、64分35秒でした。

7/3(月) お昼休み 17分 14MB
7/3(月) 夜帰宅時 41分 25MB
7/3(月) 夜帰宅時 39分 2MB

7/4(火) 朝通勤時 66分 2MB
7/4(火) お昼休み 20分 0MB
7/4(火) 夜帰宅時 54分 2MB

火曜日の朝通勤完了でトータル演奏時間(164分)が経過しました。

新しくプレイリスト入りした曲の長さは トータル 64.5分です。1分あたりの消費量を 0.7MB(96kbps)だとすると、64.5分 x 0.7MB/分 で 約45.15MBを消費する見込みです。

火曜日朝通勤完了までのパケット消費量が 43MB でしたので、おおよそ想定に近い数字になりました。

Tokyo Super Hits! のプレイリストにおける曲の入れ替え具合によりますが、Tokyo Super Hits! をLTEのパケットを使って聞いたとしても、1週あたり 50MB前後、CM分を含めて60MB程度の消費で収まりそうです。

結果、1ヶ月あたり、60×4=240MB〜300MB でしょう。

もちろんOSやキャッシュ量、プレイリストの更新具合などで大きく変化するため一概には言えませんが、この程度の消費であれば僕の場合(6GBで契約しています)、誤差の範囲だと考え Spotify を使う為にクーポンをオフする事をやめました。

IIJmio ユーザーであれば、月曜日〜3時間程度聴き終えるまではクーポンをオフするという作戦もあります。キャッシュに溜まったところでクーポンオンに戻せばパケットを大きくは消費しない可能性が高いです。

最後に:

音楽のストリーミングでのパケット消費をここまで心配するなら、初めからエンタメフリーに対応した格安SIMにすればよかったなぁと感じています。

エンタメフリーオプションとは、例えば YouTubeなどのストリーミング関連で消費されるパケットについては、オプションに加入することで「ギガが減らない」サービスなのです。

僕も大人なので、いちいちクーポンのオンオフを行うような道を選ばずに、素直にエンタメフリーオプションのある格安SIMを契約した方がよかったな・・。

ちなみに、このエンタメフリーオプション(音声契約の場合、480円)が契約できるのは BIGLOBE 格安SIM です。

BIGLOBE 格安SIMでのエンタメフリーオプション対象サービス:(2017/7/9現在)

  • YouTube
  • Google Play Music
  • Apple Music
  • AbemaTV
  • Spotify
  • AWA
  • radiko.jp
  • Amazon Music

radikoがあれば、通勤中などにラジオを楽しめますし、TV代わりにAbemaTVもバリバリ楽しめるのは魅力です。

子ども用のSIMであれば、データ容量は最低の1GBにプラスしてエンタメフリーオプションをつける方式がいいのではないでしょうか。(どうせYouTubeしか見ないと考えています(偏見?))

BIGLOBE 格安SIM

今回紹介した Spotify でパケットがあまり消費されない件については、アプリのバージョン、OS、端末、ストレージ容量などによっても動作が異なるかもしれません。特に僕は、Tokyo Super Hits! だけをヘビロテしているような使い方です。

「The そうじろう が Spotify でギガが減らない!と言っていたから試したら、高額なパケット代が・・・」という事が起きても当方では責任を負いません。事前に少しずつ確認をしてから実行してください。m(..)m

僕が使っているのは、IIJmioモバイルサービス 音声通話機能付きSIM ライトスタートプラン です!

↓↓↓

IIJmioモバイルサービス 音声通話機能付きSIM ライトスタートプラン

スポンサーリンク
ad1(336px)