雑誌DIME 5月号付録のスマホレンズを試す!コレ、持っていれば結構楽しいかも!

買ってきました! DIME 5月号!特別付録に 広角 接写 クリップ式 スマホレンズ が付いてくるお得な一冊です! 特別価格 750円です! これ、使えそうかどうかを確認しました!

// 2016/3/23 追記

ネットでは、すでに在庫がなくなってしまったようです。下の方に記載していますが、同様なレンズがさほど変わらない価格で購入できますので、Chumsにこだわりがなければ、遊び感覚で同等製品を購入してもいいと思います。↓↓ (210円です)

スポンサーリンク
ad1(336px)

それでは早速 DIME 5月号 開封の儀!

↓ DIME 5月号です。 dマガジンでも読めるのですが、おまけが欲しくて買ってきました!

DIME_05_LENS1

創刊 30周年大特集 として、2016〜17大予測 ヒット商品これが来る!を中心に、

特別付録1 「広角 接写 クリップ式 スマホレンズ」 、

特別付録2 として、「大人の逸品カタログ 2016春号」、

特別付録3 として、「ホイチョイがみたモノ30年BOOK」が付いてきます。

DIME_05_LENS17

「大人の逸品カタログ」は、単なる通販の本です。僕が見た感じでは欲しいものは一切なし。「ホイチョイがみたモノ30年BOOK 気まぐれコンセプト 30年分」は、ホイチョイ・プロダクションの4コマ漫画が年代順に多数掲載されています。これは読んでいくと面白いかも!付録はDIME版で、完全版というのが発売されています。DIME版は32ページですが、完全版は984ページもあります!値段が結構するのですが・・。でも、懐かしくていいですね!

スマホレンズの開封の儀

スマホレンズについては、CHUMSとのコラボという事で、非常にカワイイパッケージです。

DIME_05_LENS2

パッケージ裏面には、各種注意書きが記載されています。

DIME_05_LENS3

箱を開けるとプチプチに包まれたスマホレンズが!

DIME_05_LENS4

中身はこんな感じで、レンズキャップがついています。”For Mobile Phone & Digital Camera” と書いてあります。

DIME_05_LENS6

ここにもチャムスのマークが!カワイイですね!

DIME_05_LENS7

正面には、特に刻印などはありません。

DIME_05_LENS9

横には、レンズの種別が刻印されています。この状態で、 x0.67 のWIDE レンズになります。

DIME_05_LENS8

上の0.67xWIDEと刻印されているレンズをクルクル回して外すと、マクロレンズになります。

類似商品は低価格で魚眼レンズも付いてくる!

モノとしては、↓こちらの商品にとても似ています。(アマゾンのリンクが正確です)

価格は、210円!+送料です。(カートに入れてみると、H&Yなどでは送料 0円でした)こちらの商品の方が、魚眼の180度画角のレンズがついてきます。ただし、レビューでは釣り商品(?)というような表記もありますので、購入にはご注意を。

どうせ購入するのなら、低価格な商品で遊ぶのもいいのですが、もう少しお金を出して品質のよさそうなモノを購入するのも手です。

ワイドレンズを試してみる!

ケース装着時には四隅に盛大にケラレが発生

僕の iPhone 6 には、ガラスフィルムと純正ケースを取り付けています。まずは、そのまま装着してみます。

0.67x WIDE の状態で壁を写してみます。四隅にケラレが発生しました。このままでは使えませんね。

DIME_05_LENS10

ケースを外して装着してみます。少しケラレますが、ケースありの時より大幅に改善します。

DIME_05_LENS11

ひょっとすると、表のガラスフィルムの厚みが関係するかも!と思いましたが、フィルム自体は撮像面からの距離には影響しないので、関係ありません。これが実力です。

DIME_05_LENS20

四隅にケラレがあることから装着位置の微調整でも回避できないと考えます。

DIME 本誌の記載ページ(P77〜79)をチェックすると・・

「ワンポイントアドバイス 画面の隅の”ケラレ”はこうして回避せよ!」として、デジタルズームを利用する事がかかれています。(涙)

まぁ・・確かにケラレは回避できますけど・・。これでいいのでしたっけ?

ワイドレンズの効果を定規(笑)で計測

ワイドのレンズ装着時の効果について試してみました。被写体との距離が 104mmです。

レンズ装着しないノーマル状態では、117mmまで見えています。

DIME_05_LENS19

0.67倍ワイドレンズを装着してみます。かなり広く映ります!167mmまで映ります。

DIME_05_LENS18

歪曲はひどいですが、かなり写せる範囲が広くなります!DIMEの紙面での説明では、自撮り棒をつかわなくても、このワイドレンズ(セルカレンズ)を使えば十分に広く写すことができるという事です。確かに、東京スカイツリーと写す場合には欲しいですね!

マクロレンズを試してみる!

それでは、マクロを試してみましょう!

まずは、取り外したワイドレンズを撮影してみます。

DIME_05_LENS30

マクロレンズの場合には、かなり近づいて撮影する必要があります。被写体まで 1〜2cm の所まで近づけます。↓このような距離感です。

DIME_05_LENS22

マクロレンズの歪曲を確認する

マクロレンズも歪曲がすごいです。PCの画面を写して比較します。

1) マクロレンズなしの場合 iPhoneのレンズは優秀ですね!

DIME_05_LENS16

2)ワイドレンズを取り付けた場合

DIME_05_LENS15

なんだか、メガネ屋さんの歪曲サンプルみたいな典型的な状態ですね・・。

歪曲はひどいが、使い方でいい感じに仕上がります!

例えば、意味なく”土”を撮ってみると、↓ 下の写真のような勢いがでます!

DIME_05_LENS32

このマクロレンズをうまく使えば、↓ 下の写真のように、ふわっとしたお花の写真も撮影できます!

DIME_05_LENS31

お花には、やはりマクロレンズですね!自分でこの写真を見直しても、コレホントに iPhone 6 +おまけのレンズで撮影したの?と疑ってしまいます!

結論:DIME 5月号 おまけ目的だけで買うにはちょっと勿体ないかな。でも、遊びでは面白い!

いつもダイムを買っているとか、今号の特集に興味があるとか、という事であれば超お得な買い物です。そうではなく、このスマホレンズだけを目的で買ってしまうとイマイチかもしれません。

やはり、光学製品ですので、安いモノでの効果は今ひとつだと思いました。

ネタとして持ち歩くのもイイね!

ただし、クリップ式で気楽に楽しめるし、重さも重くなく、Chumsのロゴ入りです。まぁネタとして持ち歩くのもいいですね!

合コンなどで、「コレすごいんやで!」というノリで出して、お札などの印刷を超拡大して写して見せてみる。その勢いで記念撮影大会に持っていって、「後で写真送るわー」とか「LINEで送るわー」とか、きっかけになりますね。ワイドレンズも、「これなら全体が入るで」という事で自分のスマホで撮影するチャンスになりますね。

もう少し良さそうなモノを選択するのもアリ。

もう少し、お金を出してしっかりしたモノが欲しいですね。僕は購入していないので、実際の写りはわかりませんが・・(あまり変わらないのかな・・でもレビューでは好評です!)

望遠レンズもラインナップされています!

個人的には、iPhone や Xperia のマクロは十分だと思っていますので、どちらかと言うと、スマホに望遠レンズが欲しいと思います。↓ 下の望遠レンズもクリップ式で取り付けて、3倍の望遠になります! Aukey レンズ分野で結構頑張っていますね。(値段は少し高いです)

上の Aukey(オーキー) の PLーBL02 なんてどうなのでしょうね。

個人的にはアンチデジタルズーム派です。学校イベントなどで、デジタルズームで拡大している姿を見かけるとやはり悲しくなってしまいます。(例えば大切な卒業式であっても使われる方は多いです!)

3倍だけでも光学レンズで拡大し、不足があれば少しデジタルズームをつけるという形で、結構使えるシーンはあるのではないかな?と思います。ちょっとレビューを確認すると、このレンズも歪みが目立つようです。

大切なシーンでしっかりと写すなら、ある程度のセンサーサイズを持ったデジタルカメラを購入するべきかな。

スポンサーリンク
ad1(336px)