上條淳士 LAST LIVE展@吉祥寺に行ってきた!冬威(To-y)ももうおじさん。(のはず)

上條淳士 【LAST LIVE】展 に行ってきました。【LAST LIVE】展の会場は吉祥寺の「リベストギャラリー創」です。『To-y』デビュー30周年を記念した展示である【LAST LIVE】では、「To-y」の原画 222枚(ニヤニヤニヤ)が展示され、グッズ販売もあります!入場料は無料です。しかも会期中、憧れの上條淳士先生が毎日在廊とのこと。これはもう、行くしかない!

スポンサーリンク
ad1(336px)

上條淳士 【LAST LIVE】展の概要

『To-y』デビュー30周年を記念して去年の11月、
東京の吉祥寺から始まった「LIVE」展ツアー。
大阪、福岡、仙台を回って吉祥寺に帰って来ました。
新作を含めて、200枚超の原画を展示いたします。
新作グッズの販売もございます。
ただ昔を懐かしむためじゃなく、明日を生きるために… LIVE
皆様のお越しをお待ちしております。

出典:吉祥寺 ギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創 の【LAST LIVE】展のページ

僕は全く知らなかったのですが、今回と同じリベストギャラリー創 にて To-yデビュー30周年を記念して 2015年11月にLIVE展の初回が開催されました。その後 2016年2月10日〜29日の間、大阪 心斎橋の『digmeout ART&DINER』、2016年3月10日〜27日 の間に福岡県は春吉の『TAG STA』と巡回し、今回、吉祥寺のリベストギャラリー創に戻ってきての【LAST LIVE】展となります。

それぞれの会場にて上條淳士先生のトークショーやサイン会が催されたようです。上條淳士先生のLIVE、全国ツアーという意味もありそうです。To-y 30th AnniversaryEdition 5(最終巻)発売後のイベントなので、それも考えるとLAST LIVEなのですね。

ちなみに、スタート時の『LIVE』展(2015/11/19〜25)での説明は以下の通り。

「ねえ、とおい うたってる?」~『To-y』より~

ニヤの最後の手紙から、今年でちょうど30年が経ちました。
冬威のデビュー30周年を記念して…
上條淳士『LIVE』展を開催いたします。
新作を含めて50点以上の原画展示と、Tシャツなどのグッズ販売。
ただ昔を懐かしむのではなく、明日を生きるために…LIVE
皆様のお越しをお待ちしております。

出典:吉祥寺 ギャラリー・貸し画廊 リベストギャラリー創 の『LIVE』展のページ

「明日を生きるために…LIVE」なのです。懐かしんでいるだけじゃないですよ!

上條淳士 【LAST LIVE】展 リベストギャラリー創への行き方

吉祥寺駅までは電車で、その後は徒歩で上條淳士 LAST LIVE展の会場である、リベストギャラリー創 に向かいます。Googleさんの案内で約6分の道のりです。(僕は初めての道でしたので、もう少しかかったような気がしましたが・・)

Toy_xxx_last_live1

吉祥寺駅から、吉祥寺サンロード商店街に向かいます。

Toy_xxx_last_live2

吉祥寺サンロード商店街をどんどん進んでいきます。(この商店街、ちょっといい感じです)

Toy_xxx_last_live3

吉祥寺サンロード商店街の屋根が終了し、突き当ったら信号を渡って左に進みます。

Toy_xxx_last_live4

上條淳士 LAST LIVE展が開催されている リベストギャラリー 創 まであと少しです。

Toy_xxx_last_live5

少し歩くと リベストギャラリー創 が見えてきます。

Toy_xxx_last_live6

ちなみに、リベストギャラリー 創 は、吉祥寺で不動産業を展開している「リベスト」という会社がアート事業として運営しているギャラリーです。「リベスト」自体が「LIVE BEST」の略です。LIVE展との因果関係を感じますね!

ジャーン。ここが会場入り口です!!

Toy_xxx_last_live19

ちなみに正面のショーウインドウは↓このような感じです。

Toy_xxx_last_live7

上條淳士 【LAST LIVE】展会場内を紹介します!

LAST LIVE展の会場内にはTo-yの原画が展示されています。222枚だそうですが、僕は数えていません!

Toy_xxx_last_live18

この程度の入場者数であれば、原稿も見やすいです。

入り口すぐのところにサイン帳と可愛いディスプレイがありました。ネコちゃん、いいですね!

Toy_xxx_last_live20

原画は基本的に時系列で並べられています。意外と僕がこれはあるかな?と思っていたページの展示がなかったです。

会場内は撮影可能です。みなさん、パシャパシャと撮影されていました!僕も負けじと好きなカットを撮影しました。

To-y の原画を堪能する。

作品は撮影は可能です!残念ながら、原稿のカバー(ビニール?)、照明の関係、カメラの撮像センサーの影響によるモアレの発生もあり完璧な状態での保存はできません。

↓これ、大好き。(笑)

Toy_xxx_last_live29

ラストシーンが近い原稿が展示されている場所は窓が近く、屋外からの光の反射が気になりました。外からの光の反射が・・ということは夜に来れば?と思いましたが、残念ながら夜は営業していません。

↓このように自分の好みで注目したい部分を拡大して撮影♪

Toy_xxx_last_live21

1ページ中のカットの好きな部分を拡大して撮影してみたり。

僕なりに”原寸大、非圧縮、まさにRAW(生)の状態で見られる”原画展のいいところ考えてみました。

  • “生々しいタッチを感じることができる”
  • ”作者の試行錯誤を垣間見ることができる”
  • ”技術を見ることができる(僕にはわからないけど)”
  • ”原色でカラーを確認できる(作者の意図したカラーが確認できる)”
  • ”印刷物で再現できなかった細かい部分が確認できる”
    という部分でしょう!
Toy_xxx_last_live24

色の美しさが妙に新鮮!

Toy_xxx_last_live23

どうしても細かい部分を大きく撮影してしまう。

To-yの見開きのページも、中央部分がまっすぐな状態で鑑賞することができます!(写真自体が曲がっとるやん・・)

Toy_xxx_last_live25

BEST LIVE展。楽しみ方は人それぞれです!見ているだけで幸せな気持ちになってきますね!Toy_xxx_last_live28

To-y 30th Anniversary Edition カバーの原画も!

↓こちらは、今回のLAST LIVE展で30th Anniversary Edition の単行本を購入するとプレゼントされる特別カバーの原画です。この線だけのものが「原画」です。

Toy_xxx_last_live26

その原画をコピーし(通常のコピー機ではないと思いますが)色つけをするそうです。

Toy_xxx_last_live27

↓こちらのミヤちゃんは、30th Anniversary Edition の2巻のカバー原画です。上半身と下半身とが分かれて書かれています。これらをつなげて一枚の絵にするとの事でした。

Toy_xxx_last_live30

↓これですね。裏側は下半身+猫になっています。

その他の展示物。山田二矢さん。ポーズ変われば印象も変わる。

はじめに足を運んだ時に見た momoko doll 山田二矢さんは、↓このようなポーズでした。

Toy_xxx_last_live8

これを係りの方が「ちょっと生意気な感じに・・」なんてつぶやきながら直すと・・ジャーン!

Toy_xxx_last_live16

全然印象が違いますね!

どうやら、一度倒れてしまって会場スタッフさんで立てなおしたのが最初の状態だったようです。人形の管理者の方(?)が来場され、ちょいちょい、と直した結果が先ほどの小生意気ニヤちゃんです。ポーズによって結構印象が違うものですね〜。

その他の展示物。冬威の靴

その他の展示物として、冬威の靴がありました。これは、30th Anniversary Edition の5巻 P376 の屋上シーンの一コマの再現ですね。

Toy_xxx_last_live22

グッズを紹介します!

それでは、この上條淳士 LAST LIVE展でのグッズについて紹介します!

↓人気の缶バッチのガチャポンです。大人たちがキャーキャー言いながら楽しそうにガチャガチャしていました!(さすがに資金力がすごいです・・)

Toy_xxx_last_live11

そしてTシャツ群!

Toy_xxx_last_live14

Toy_xxx_last_live13

Toy_xxx_last_live12

Tシャツは、奥にセールで安くなっているモノもありました!(2,000円でした)

ポストカード!一枚150円!どれもいいなぁ!

Toy_xxx_last_live9

この他、画集と単行本が販売されています。

上條淳士先生が降臨!サイン会勃発!

会期中は毎日上條先生が在廊してくださるそうです。グッズを購入すると、サインをしてもらえます!!マジでぇ〜!!?(購入しなくても?自分の思い出のモノなど、好きなモノにサインがいただけるみたいです!!)

在廊情報は、上條先生のツイッターをチェックしましょう!

今日(7月15日)の場合は・・15:00〜という予告でした!

上條先生がいらっしゃると、サインの列ができます(7/15(平日金曜日)でMax 25人位?)。日曜日などはもっと強烈な待ち行列になるそうです。イベントは最終日に駆け込み来場が増えますので、行かれる方はお早めに!

Toy_xxx_last_live15

サイン会がはじまると、並ぶ列と、上條先生のオーラとの影響で若干展示が見にくくなります。To-yの原画は先生が来られる前にじっくりと見るのが吉です。

上條淳士先生は、非常に丁寧に、かつ勢いよく、さらにカッコよくサインしてくださいます!

僕は、30th Anniversary Edition の単行本の5巻を購入しました!いただいた特別カバーにサインしていただきました!コレ!このまま額に入れて飾りたい!!

Toy_xxx_last_live31

無茶苦茶嬉しい!さらに、5巻にもサインを!!あー、ニヤちゃんに!いい感じです!

Toy_xxx_last_live32

サインの後は、上條淳士先生と堅い握手をしていただけます!

↓上條淳士先生のツィートからの情報ですが、ツーショット撮影もリクエスト可能です!

先生!サインしていただき、ありがとうございました!!

貴重な体験をすることができました!

今年は年初から蛭子能収先生(笑)にもサイン&似顔絵をいただきました!サイン付いています!
なんと、蛭子さんに似顔絵を描いてもらった! 新春 えびすリアリズム ~蛭子さんの展覧会~。日めくりカレンダーもオススメです。

江口寿史先生の展覧会にも行ったし、なんだかマンガネタが多くなってきています。

江口寿史展 KING OF POP @川崎市民ミュージアム 最終日に行ってきた!

最後に・・To-y 30th Anniversary Edition は To-yを楽しむにはベストな存在

僕は今回の上條淳士 LAST LIVE展に備えて、AmazonのKindle版のTo-yを購入&読みました。

Toy_xxx_last_live38

電子版は、ストーリーは追えるものの、コミック(印刷物)からスキャンしたファイルのため解像度も低く、カラーページもなく画質面では残念な内容でした。(場所もとらず、手軽なのでいいのですが)

LAST LIVE展では、30th Anniversary Edition の単行本を購入しましたが、印刷綺麗です!あーこれでもっと大判のサイズだったら・・とは思いますが、そうなると値段がいくらになることか・・・。

現時点で最高の品質で 上條淳士先生の To-y を楽しむには 30th Anniversary Edition の購入がベストだと認識しました。

しかも、全巻揃えると スペシャルTシャツが頂けますよ!

Toy_xxx_last_live10

このTシャツのイラスト、「あぁ、あのシーンね」と思うでしょ?原稿とは違うイラストですよ!(あ、さすがに気づかれていますか・・)

Toy_xxx_last_live36

ニヤちゃんがいるが、ブワっとなっていない。

Toy_xxx_last_live37

ニヤちゃんがいないが、ブワっとなっている。

Tシャツのイラストは、「ニヤちゃんがいて」、かつ 「ブワっとなっている」 状態なのですよね〜。

「いやー、トーイかぁ懐かしいねぇ。もう一度読んでみようかな?」と思った方。昔のサンデーコミックスの中古を安く買ったりするよりも、30th Anniversary Edition を購入して読んだ方が絶対に良い体験ができます。これはマジでオススメです!

一見高く感じますが、全巻購入でTシャツが付いてくることを考えるとそれほど高くないです(Tシャツプレゼントは期間が決まっていますのでご注意を)

会場に足を運べるのなら、サイン入りでゲットできます!是非、LAST LIVE展に行ってみましょう! 上條淳士先生のファンなら、To-y が好きなら、藤井冬威が好きなら、ニヤちゃんが好きなら、ヒデローが好きなら・・・絶対にライブに足を運ぶべし!!

〜〜追記〜〜

*会場で撮影した写真を掲載しております。写り込んでしまった方には最大限の配慮をして掲載しているつもりですが、万一不快な思いをされた方がおられましたらご連絡いただければ可能な限り対応致します。↓ 下記 上條淳士先生のツイートを後で発見したので・・(汗)

いやー、マジで↓このポストカードも宝です!

Toy_xxx_last_live35

スポンサーリンク
ad1(336px)